FANDOM


m
Line 12: Line 12:
 
歴史を創る人間の居ない閉ざされた世界。
 
歴史を創る人間の居ない閉ざされた世界。
 
|
 
|
+
A closed world, without any humans that keep historical records.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
妖怪は過去の出来事を歪めて記憶し、幻想郷は事実を見つめようとしない。
 
妖怪は過去の出来事を歪めて記憶し、幻想郷は事実を見つめようとしない。
 
|
 
|
+
The youkai in it holding distorted memories of the past events, Gensokyo does not seem to take care of its truths.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
その所為もあって、妖怪の実態も判らず、ただ人間は怯えるしか無かった。
 
その所為もあって、妖怪の実態も判らず、ただ人間は怯えるしか無かった。
 
|
 
|
+
Because of that, the humans, not knowing the real facts about the youkai, can only cower in fear of them.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
もっと妖怪の能力や対策が判っていれば、予め幻想郷の危険な場所が判っていれば、妖怪退治を得意とする人間の事が判っていれば、怯えて暮らさなくても済むのに、と思っている事だろう。
 
もっと妖怪の能力や対策が判っていれば、予め幻想郷の危険な場所が判っていれば、妖怪退治を得意とする人間の事が判っていれば、怯えて暮らさなくても済むのに、と思っている事だろう。
 
|
 
|
+
If they knew more about youkai abilities and counter-measures, if they knew beforehand what are the riskier areas, if they knew about the humans who specialize in exterminating youkai, then they wouldn't have to live in fear. That's what I believe in.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 34: Line 34:
 
我が稗田家は、人間の生活の安全を確保するために、百二十年から百八十年に一度、幻想郷で目立った妖怪を纏める事にした。
 
我が稗田家は、人間の生活の安全を確保するために、百二十年から百八十年に一度、幻想郷で目立った妖怪を纏める事にした。
 
|
 
|
+
For the sake of ensuring the safety of the humans lifestyle, we of the Hieda family gather, each 120-180 years, a compilation of Gensokyo's most prominent youkai.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
それがこの『幻想郷縁起』である。
 
それがこの『幻想郷縁起』である。
 
|
 
|
+
This is one of such "Gensokyo Chronicles".
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
千年以上前の阿一の代から始めていて、すでに私で九代目である。
 
千年以上前の阿一の代から始めていて、すでに私で九代目である。
 
 
|
 
|
+
This has begun more than a thousand years ago, in Aichi's age. And with me, this is already the ninth generation.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 51: Line 50:
 
|
 
|
 
幻想郷縁起では、妖怪図鑑、英雄伝、危険区域案内、未解決資料、独白に分けて、幻想郷の実態を纏めている。
 
幻想郷縁起では、妖怪図鑑、英雄伝、危険区域案内、未解決資料、独白に分けて、幻想郷の実態を纏めている。
 
 
|
 
|
+
The Gensokyo Chronicles consist of a youkai encyclopedia, biographies of notable humans, a guide to dangerous areas, unresolved materials and a monologue, all putting together the facts about Gensokyo.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 60: Line 58:
 
妖怪図鑑は、妖怪の種族毎に傾向と対策をまとめ、さらに現在存在が確認取れる妖怪を個別に記録した物である。
 
妖怪図鑑は、妖怪の種族毎に傾向と対策をまとめ、さらに現在存在が確認取れる妖怪を個別に記録した物である。
 
|
 
|
+
The youkai encyclopedia puts together each of the youkai types, along with their attitudes and counter-measures. The youkai that are confirmedly active nowadays are particularly well depicted.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
この図鑑は、幻想郷で必要以上に妖怪を恐れたり、反対に強い妖怪に手を出さない為の指針である。
 
この図鑑は、幻想郷で必要以上に妖怪を恐れたり、反対に強い妖怪に手を出さない為の指針である。
 
|
 
|
+
This encyclopedia should serve as a guide for not being more afraid than necessary of youkai, and for avoiding opposing the strong ones.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
妖精や幽霊など頻繁に遭遇する妖怪から、天狗や吸血鬼といった強力な妖怪まで全てを、能力、危険度、遭遇場所や時間、頻度付きで網羅している。
 
妖精や幽霊など頻繁に遭遇する妖怪から、天狗や吸血鬼といった強力な妖怪まで全てを、能力、危険度、遭遇場所や時間、頻度付きで網羅している。
 
|
 
|
+
It covers all kinds of youkai, from the easily found fairies and ghosts to the powerful tengu and vampires, along with their abilities, threat level, time and places of encounter as well as their frequency.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
全て図説有り。
 
全て図説有り。
 
|
 
|
+
All of them are illustrated.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
里の人間に最も役に立つ項目だろう。
 
里の人間に最も役に立つ項目だろう。
 
|
 
|
+
It's a most useful item to the human villagers.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 87: Line 85:
 
英雄伝は、人間の里に住んでいない人間で、妖怪退治や異変解決等を行ったりしている者の紹介である。
 
英雄伝は、人間の里に住んでいない人間で、妖怪退治や異変解決等を行ったりしている者の紹介である。
 
|
 
|
+
The biographies of notable humans are introductions to humans not living in the Human Village who engage in youkai extermination and resolution of incidents.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
基本的に人間の味方であり、妖怪の被害に困ったら、ここに載っている者に相談してみると良いだろう。
 
基本的に人間の味方であり、妖怪の被害に困ったら、ここに載っている者に相談してみると良いだろう。
 
|
 
|
+
They are essentially allies of humans. If the youkai are being too harmful, you can go ask for help to the humans described here.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
謎が多い人間が多いが、その謎についてもいくつか触れてみた。
 
謎が多い人間が多いが、その謎についてもいくつか触れてみた。
 
|
 
|
+
There are many mysteries about most of these humans. I tried to touch on several of this mysteries here.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 104: Line 102:
 
危険区域案内は、幻想郷の主な場所に付いてどのような危険があり、どういった場所なのかを記述した。
 
危険区域案内は、幻想郷の主な場所に付いてどのような危険があり、どういった場所なのかを記述した。
 
|
 
|
+
The dangerous areas guide is a list of most locations in Gensokyo, along with a description of what kind of places those are.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
そこに行くにはどういう準備が必要なのか、予備知識として読んで欲しい。
 
そこに行くにはどういう準備が必要なのか、予備知識として読んで欲しい。
 
|
 
|
+
If you want to know what kind of preparations are needed in order to go to one of those places, I would really like you to read this guide beforehand.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
人間の里から出る事がある場合は、よく読んで頂きたい。
 
人間の里から出る事がある場合は、よく読んで頂きたい。
 
|
 
|
+
When an occasion asks for you to leave the Human Village, please read it carefully.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 121: Line 119:
 
未解決資料は、資料として不完全な物、幻想郷に相容れない物、新聞、等を挟んである。
 
未解決資料は、資料として不完全な物、幻想郷に相容れない物、新聞、等を挟んである。
 
|
 
|
+
The unresolved materials are articles with incomplete information, articles that are in conflict with Gensokyo's reality, newspaper articles, and other inserts.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
これはこれから纏めて資料に書き起こす予定である。
 
これはこれから纏めて資料に書き起こす予定である。
 
|
 
|
+
I intend to start gathering material and finish writing those.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 133: Line 131:
 
独白は、私、九代目の阿求が本を纏めるに当たって思った事、幻想郷に付いて思う事を書いた物である。
 
独白は、私、九代目の阿求が本を纏めるに当たって思った事、幻想郷に付いて思う事を書いた物である。
 
|
 
|
+
The monologue consists of thoughts that I, Hieda no Akyuu, had when compiling this book, as well as my written thoughts about Gensokyo.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
読んでも読まなくても良いが、読んで貰えると嬉しい。
 
読んでも読まなくても良いが、読んで貰えると嬉しい。
 
|
 
|
+
It is fine either if you read it or not, but I would be glad if you did.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 145: Line 143:
 
幻想郷縁起はこの本で九冊目となる。
 
幻想郷縁起はこの本で九冊目となる。
 
|
 
|
+
With this book, the Gensokyo Chronicles have reached its ninth volume.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
過去の幻想郷縁起より、新しい風を吹き込みつつ、出来るだけ今風にデザインし直し、遥かに読みやすい内容となっていると思っている。
 
過去の幻想郷縁起より、新しい風を吹き込みつつ、出来るだけ今風にデザインし直し、遥かに読みやすい内容となっていると思っている。
 
|
 
|
+
Much is changing since the past Gensokyo Chronicles, I designed it to be as modern-styled as possible, and I believe its contents will be easily read for a long time ahead.
 
|-
 
|-
 
|
 
|
 
古書の様に読みにくい筆文字で、難解な文章が嫌だから幻想郷縁起は読みたくない、という人間にも読んで貰おうと思った次第である。
 
古書の様に読みにくい筆文字で、難解な文章が嫌だから幻想郷縁起は読みたくない、という人間にも読んで貰おうと思った次第である。
 
|
 
|
+
I wanted people that find it difficult to read old-style writing, or that wouldn't read the Chronicles because of all the difficult sentences to read it too.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 162: Line 160:
 
それでは、幻想郷縁起をよく読んで、素敵な貴方に安全な幻想郷ライフを。
 
それでは、幻想郷縁起をよく読んで、素敵な貴方に安全な幻想郷ライフを。
 
|
 
|
+
Now, please read these Gensokyo Chronicles, and may you have a wonderful and safe life in Gensokyo.
 
|-
 
|-
 
| colspan="3" |
 
| colspan="3" |
Line 173: Line 171:
   
 
[[Category:Perfect Memento in Strict Sense]]
 
[[Category:Perfect Memento in Strict Sense]]
[[Category:Untranslated]]
 

Revision as of 23:12, June 26, 2008


Foreword

歴史を創る人間の居ない閉ざされた世界。

A closed world, without any humans that keep historical records.

妖怪は過去の出来事を歪めて記憶し、幻想郷は事実を見つめようとしない。

The youkai in it holding distorted memories of the past events, Gensokyo does not seem to take care of its truths.

その所為もあって、妖怪の実態も判らず、ただ人間は怯えるしか無かった。

Because of that, the humans, not knowing the real facts about the youkai, can only cower in fear of them.

もっと妖怪の能力や対策が判っていれば、予め幻想郷の危険な場所が判っていれば、妖怪退治を得意とする人間の事が判っていれば、怯えて暮らさなくても済むのに、と思っている事だろう。

If they knew more about youkai abilities and counter-measures, if they knew beforehand what are the riskier areas, if they knew about the humans who specialize in exterminating youkai, then they wouldn't have to live in fear. That's what I believe in.

我が稗田家は、人間の生活の安全を確保するために、百二十年から百八十年に一度、幻想郷で目立った妖怪を纏める事にした。

For the sake of ensuring the safety of the humans lifestyle, we of the Hieda family gather, each 120-180 years, a compilation of Gensokyo's most prominent youkai.

それがこの『幻想郷縁起』である。

This is one of such "Gensokyo Chronicles".

千年以上前の阿一の代から始めていて、すでに私で九代目である。

This has begun more than a thousand years ago, in Aichi's age. And with me, this is already the ninth generation.

幻想郷縁起では、妖怪図鑑、英雄伝、危険区域案内、未解決資料、独白に分けて、幻想郷の実態を纏めている。

The Gensokyo Chronicles consist of a youkai encyclopedia, biographies of notable humans, a guide to dangerous areas, unresolved materials and a monologue, all putting together the facts about Gensokyo.

妖怪図鑑は、妖怪の種族毎に傾向と対策をまとめ、さらに現在存在が確認取れる妖怪を個別に記録した物である。

The youkai encyclopedia puts together each of the youkai types, along with their attitudes and counter-measures. The youkai that are confirmedly active nowadays are particularly well depicted.

この図鑑は、幻想郷で必要以上に妖怪を恐れたり、反対に強い妖怪に手を出さない為の指針である。

This encyclopedia should serve as a guide for not being more afraid than necessary of youkai, and for avoiding opposing the strong ones.

妖精や幽霊など頻繁に遭遇する妖怪から、天狗や吸血鬼といった強力な妖怪まで全てを、能力、危険度、遭遇場所や時間、頻度付きで網羅している。

It covers all kinds of youkai, from the easily found fairies and ghosts to the powerful tengu and vampires, along with their abilities, threat level, time and places of encounter as well as their frequency.

全て図説有り。

All of them are illustrated.

里の人間に最も役に立つ項目だろう。

It's a most useful item to the human villagers.

英雄伝は、人間の里に住んでいない人間で、妖怪退治や異変解決等を行ったりしている者の紹介である。

The biographies of notable humans are introductions to humans not living in the Human Village who engage in youkai extermination and resolution of incidents.

基本的に人間の味方であり、妖怪の被害に困ったら、ここに載っている者に相談してみると良いだろう。

They are essentially allies of humans. If the youkai are being too harmful, you can go ask for help to the humans described here.

謎が多い人間が多いが、その謎についてもいくつか触れてみた。

There are many mysteries about most of these humans. I tried to touch on several of this mysteries here.

危険区域案内は、幻想郷の主な場所に付いてどのような危険があり、どういった場所なのかを記述した。

The dangerous areas guide is a list of most locations in Gensokyo, along with a description of what kind of places those are.

そこに行くにはどういう準備が必要なのか、予備知識として読んで欲しい。

If you want to know what kind of preparations are needed in order to go to one of those places, I would really like you to read this guide beforehand.

人間の里から出る事がある場合は、よく読んで頂きたい。

When an occasion asks for you to leave the Human Village, please read it carefully.

未解決資料は、資料として不完全な物、幻想郷に相容れない物、新聞、等を挟んである。

The unresolved materials are articles with incomplete information, articles that are in conflict with Gensokyo's reality, newspaper articles, and other inserts.

これはこれから纏めて資料に書き起こす予定である。

I intend to start gathering material and finish writing those.

独白は、私、九代目の阿求が本を纏めるに当たって思った事、幻想郷に付いて思う事を書いた物である。

The monologue consists of thoughts that I, Hieda no Akyuu, had when compiling this book, as well as my written thoughts about Gensokyo.

読んでも読まなくても良いが、読んで貰えると嬉しい。

It is fine either if you read it or not, but I would be glad if you did.

幻想郷縁起はこの本で九冊目となる。

With this book, the Gensokyo Chronicles have reached its ninth volume.

過去の幻想郷縁起より、新しい風を吹き込みつつ、出来るだけ今風にデザインし直し、遥かに読みやすい内容となっていると思っている。

Much is changing since the past Gensokyo Chronicles, I designed it to be as modern-styled as possible, and I believe its contents will be easily read for a long time ahead.

古書の様に読みにくい筆文字で、難解な文章が嫌だから幻想郷縁起は読みたくない、という人間にも読んで貰おうと思った次第である。

I wanted people that find it difficult to read old-style writing, or that wouldn't read the Chronicles because of all the difficult sentences to read it too.

それでは、幻想郷縁起をよく読んで、素敵な貴方に安全な幻想郷ライフを。

Now, please read these Gensokyo Chronicles, and may you have a wonderful and safe life in Gensokyo.

九代目阿礼乙女 稗田阿求

Hieda no Akyu, the Nineth Girl of Are

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.