FANDOM




Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.
Th07ReimuGoodEnding

Sakuya's Good Ending 1

Th07SakuyaBGoodEnding1

Sakuya's Good Ending 2

Th07SakuyaBGoodEnding2

Sakuya's Good Ending 3

Th07SakuyaBGoodEnding3

Sakuya's Good Ending 4

幻想郷の端にある白蓮寺です。

結局、サイヤ流アヤカシは満開ではなく、満開になった。
それに封印が壊れていなかったので、いつものように誰もが
春の到来を迎えた。

This is the Hakurei Shrine, located at the edge of Gensokyo.

In the end, the Saigyou Ayakashi blossomed, but not fully.
The seal on it didn't break, so as always, everyone was
greeted by the arrival of spring.

彼女の愛人の主張で、咲夜は彼女を連れ出すことにした

花見のために。 幻想郷のすべてで、いいところはない
この神社よりも桜の穏やかな景色が見えます。

At her mistress' insistence, Sakuya decided to take her out

for a flower viewing. In all of Gensokyo, no place is better
than this shrine for a soothing view of cherry blossoms.

咲夜 「女王様、私たちはほとんどそこにいます。」

レミリア 「おそらくそれは彼らが遅れていたからだ。
今年のチェリーは華麗です。」

Sakuya: Mistress, we're almost there.

Remilia: Perhaps it's because they were delayed,
but this year's cherries are brilliant.

咲夜 「私はこれらのチェリーを少し前に理解する必要があります。」

レミリア 「あなたは良い目、咲夜を持っています。」
咲夜 「それは私が意味するものではありません...」

Sakuya: I got to appreciate these cherries a little before you.

Remilia: You have good eyes, Sakuya.
Sakuya: That's not quite what I meant...

幽々子 「ああ、あなたも桜の花を賞賛していますか?」

咲夜 「ああ、なぜここにいるのですか?」
レミリア 「それは誰ですか?」

Yuyuko: Oh, are you also here to admire the cherry blossoms?

Sakuya: Er, why are you here?
Remilia: Who's that?

咲夜 「死体と半分の死体。」

妖夢 「"幽霊"、我々は呼ばれています。」

Sakuya: A corpse and a half-corpse.

Youmu: "Ghosts", we are called.

幽々子 「ここではチェリーが一番美味しい

今年のこの時期に。
花見のために来ないのは愚かです。」
咲夜 「そうです。 私たちはここでも花見をしています。」

Yuyuko: The cherries here are most splendid

at this time of the year.
It's be foolish not to come for a flower viewing.
Sakuya: Well yes. We're here for flower viewing as well.

咲夜 「だから、あなたの庭でチェリーに起こったことは何ですか?」

幽々子 「さいとうあやかしは結局結実しませんでした。
それはもう私にとって問題ではありません。」

Sakuya: So, whatever happened to the cherries in your garden?

Yuyuko: The Saigyou Ayakashi didn't fully blossom after all,
but that doesn't matter to me anymore.

幽々子 「私は今妖夢を悩ませることにもっと興味があります。」

レミリア 「ああ、それは楽しいね。」

Yuyuko: I'm more interested in bothering Youmu now.

Remilia: Oh, that sounds fun.

霊夢 「さて、あなた自身を私の庭に招待しないでください!」

咲夜 「それは意味する。」
妖夢 「あなたはとても意味があります。」
霊夢 「...私を無視するのは、より意味があります。」

Reimu: Geez, don't just invite yourselves into my garden!

Sakuya: That sounds mean.
Youmu: You're so mean.
Reimu: ... Ignoring me is meaner.

幽々子 「ところで、私はその木の下に立っておくことはお勧めしません。」

霊夢 「何ですか?」

Yuyuko: By the way, I wouldn't recommend standing under that tree.

Reimu: What?

幽々子 「そこに埋葬された者は誰でも

過去50年間衰退しています。」
妖夢 「まだ熟成。」
霊夢 「ああ、そう...」

Yuyuko: Whoever's buried there has been

decaying for the past 50 years.
Youmu: Still ripening.
Reimu: Oh, geez...

咲夜 「決して気にしないで、私はお菓子とお酒を持ってきました。」

霊夢 「そうですね。
サクヤが清掃をしている限り。」

Sakuya: Never mind that, I brought some sweets and drinks with me.

Reimu: Well fine then.
As long as Sakuya does the cleaning.

咲夜 「私はそのようなことに同意しませんでした。

幸いにも、私たちはその仕事にもっと適した人をここに持っています。」
幽々子 「そうです。」
妖夢 「...(一口)」

Sakuya: I agreed to no such thing.

Fortunately, we have someone here more suited to that job.
Yuyuko: Yeah, we do.
Youmu: ... (sigh)

その瞬間、霊夢を囲む桜

赤く見えた おそらくそれは太陽が
地平線に近づいている...
第9戦

At that moment, the cherry blossoms surrounding Reimu

seemed to redden. Perhaps it was because the sun was approaching the horizon... Ending No. 9