FANDOM




Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.
Th07SakuyaGoodEnding

Sakuya's Good Ending 1

Th07SakuyaAGoodEnding1

Sakuya's Good Ending 2

Th07SakuyaAGoodEnding2

Sakuya's Good Ending 3

Th07SakuyaAGoodEnding3

Sakuya's Good Ending 4

これは、スカーレットデビルマンション、幻想郷に静かに座っています。

自然は春になると騒々しい傾向があります。
もちろん、この場所も例外ではありません...

This, the Scarlet Devil Mansion, sits silently in Gensokyo.

Nature has a tendency to be noisy when spring arrives.
Of course, this place is no exception...

咲夜 「女王様。

このような晴れた日に、静かに家にいます。」
レミリア 「ええと、桜の花はとても開こうとしています。」

Sakuya: Mistress.

On a sunny day like this, let's quietly stay at home.
Remilia: Eh, but the cherry blossoms are trying so hard to open.

咲夜 「今日はあなたのために珍しいものを用意しました。

あなたが退屈しないように。」

Sakuya: I've prepared something unusual for you today

so that you won't be bored.

レミリア 「それは何ですか?」 Remilia: What's that?
咲夜 「ミニチュアネザーワールド!」

レミリア 「うわー、素晴らしい!」

Sakuya: The Miniature Netherworld!

Remilia: Wow, amazing!

咲夜 「他に何を知っていますか? これらの幽霊は、

その場所から取った」
レミリア 「そしてこれらの桜は?」

Sakuya: Know what else? These ghosts are real,

taken from that place.
Remilia: And these cherry blossoms?

咲夜 「チェリーは粘土模型です

冥界の土壌から作られたものです。」
レミリア 「あなたはとても巧みだ、咲夜。」

Sakuya: The cherries are clay models

made from the Netherworld's soil.
Remilia: You're so skillful, Sakuya.

咲夜 「私は食材だけを集めました。

それをまとめたのはパチュリーさんです。
私はそれらを私の料理に使うつもりだった。」

Sakuya: I only gathered the ingredients.

It's Ms. Patchouli who put it together.
I was planning to use them for my cooking.

レミリア 「うーん、あなたは熟練している、パッチ。」

パチュリー 「レミーを参照してください、
これらの桜の下に、そこには...」
レミリア 「うわー、それは驚くべきことです。」

Remilia: Hmm, you're skillful, Patchy.

Patchouli: See Remmy,
underneath these cherry trees, there are...
Remilia: Whoa, that's surprising.

パチュリー 「それに加えて、

これらの幽霊は、実際にはその場所に縛られています。
そして、彼らは実際のサイズの1/10まで封印されています。」
レミリア 「これはパッチの仕事です。それはとても詳細です。」

Patchouli: In addition to that,

these ghosts are actually bound to their location.
And they're sealed down to 1/10 of their actual size.
Remilia: This is Patchy's work alright, it's so detailed.

レミリア 「しかし、どうして桜の花とネザーワールドを結びつけましたか?」

咲夜 「この種のことは、死者の中で様式になることが起こります。」

Remilia: But why did you pair cherry blossoms with the Netherworld?

Sakuya: This kind of thing happens to be in style among the dead.

レミリア 「まあ、この小さな花の鑑賞には魅力があります。

さて、それだけでも幽霊の生命線があれば、
私は何も求めることはできませんでした。
咲夜 「幽霊の生命の血...
私はいくつかを見つけるに行きます。」

Remilia: Well, this small flower viewing does have its charm.

Now, if only it had a ghost's lifeblood in it as well,
I could ask for nothing more.
Sakuya: Ghost's lifeblood...
I'll go find some.

結局、サイヤ流アヤカシは満開ではなく、満開になった。

それに封印が壊れていなかったので、いつものように誰もが
春の到来を迎えた。

In the end, the Saigyou Ayakashi blossomed, but not fully.

The seal on it didn't break, so as always, everyone was
greeted by the arrival of spring.

ネザーワールドの障壁が弱まるにつれ、

人生と死は曖昧になります。 おそらくそれは唯一のものです
エントロピーのサイクルを早める。
第8戦

As the Netherworld's barrier weakens, the border of

life and death becomes vague. Perhaps it's only
hastening the cycle of entropy.
Ending No. 8