FANDOM




Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.
Th07ReimuGoodEnding

Reimu's Good Ending 1

Th07ReimuBGoodEnding1

Reimu's Good Ending 2

Th07ReimuBGoodEnding2

Reimu's Good Ending 3

Th07ReimuBGoodEnding3

Reimu's Good Ending 4

幻想郷の端にある白蓮寺です。

結局、サイヤ流アヤカシは満開ではなく、満開になった。
それに封印が壊れていないので、いつものように誰もが
春の到来を迎えた。

This is the Hakurei Shrine, located at the edge of Gensokyo.

In the end, the Saigyou Ayakashi blossomed, but not fully.
The seal on it didnt't break, so as always, everyone was
greeted by the arrival of spring.

彼女の帰りに、神社の乙女は行った

裏庭を調べる。

Upon her return, the shrine's maiden went

to check on the backyard.

長い冬の兆候は見られなかった。 No sign of the long winter was to be found.
霊夢 「うわー、雪はすばやく溶けました」 Reimu: Wow, the snow sure melted quickly.
霊夢 「たぶん、庭をちょっときちんと整えるべきだろう。

...ええと、これは春にはあまりにも暖かいですか?」
???? 「それは冬の春の価値があるからです
すぐに全員が解放された」
霊夢 「それは意味をなさないだろう?」

Reimu: Maybe I should tidy up the garden a little.

Hmm, isn't this a little too warm for spring?
????: That's because an entire winter's worth of spring
was released all at once.
Reimu: Was that supposed to make sense?

幽々子 「ところで、この庭は哀れです。」

霊夢 「黙れ、これは神社のようなものだ」

Yuyuko: By the way, this garden is pathetic.

Reimu: Shut up, this is what a shrine should be like.

妖夢 「彩遊寺庭がこんなに小さかったら、それは簡単だろう...」

幽々子 「あまりにも低いところに住まなければならないと怒ってしまうだろう」

Youmu: If the Saigyouji garden was this tiny, I'd have it easy...

Yuyuko: I'd go mad if I had to live in such a lowly place.

霊夢 「どうしてここに来たの?」

幽々子 「この世と冥界の垣根まで
修理されていると、こことそこの間に細い線があります。」
妖夢 「だから私たちはちょっと楽しむようになった。」

Reimu: Why did you come here, anyway?

Yuyuko: Until the barrier between this world and the Netherworld
is repaired, there's a fine line between here and there.
Youmu: So we came to enjoy ourselves for a bit.

霊夢 「できるだけ早く国境を修正してください。

それは危険だ。」
妖夢 「あなたはそれを開かれた人です。」

Reimu: Please fix the border as soon as possible.

It's dangerous.
Youmu: You're the one who tore it open.

妖夢 「障壁と言えば、ここのものは信じられないほど強いです...」

霊夢 「それは、人々の出入りを妨げるものだ。
彼らはしてください。 あまりにも近づかないでください、それはあなたのために危険です。」

Youmu: Speaking of barriers, the one here is incredibly strong...

Reimu: That's what prevents people form coming and going as
they please. Don't get too close, it's dangerous for you.

霊夢 「あるいは、むしろ、私は冥界の障壁

この強くなければなりません」
幽々子 「私も彼女がこのような強い障壁を形作ることはできないと思う」

Reimu: Or rather, I should say that the Netherworld's barrier

ought to be this strong.
Yuyuko: I don't think even SHE can form such a strong barrier.

霊夢 「彼女は?」「彼女は誰ですか?」

幽々子 「私が修理に影響を与えるように頼んだもの
ネザーワールドの壁に。」

Reimu: She? Who is "she"?

Yuyuko: The one I asked to affect repairs
to the Netherworld's barrier.

霊夢 「ねえ、ここにいる間に修正されたら、

あなたは家に帰ることができますか?」
妖夢 「それは問題ではないでしょう、私たちは飛ぶことができます。」
霊夢 「...無益な障壁だよ」

Reimu: Hey, if it's fixed while you're here,

would you be able to return home?
Youmu: That won't be a problem, we can fly over it.
Reimu: ... What a worthless barrier.

幻想郷には多くの国境があります。 しかし、彼らのほとんどは、

適切に動作するにはあまりにも曖昧です。 おそらく唯一のもの
実際に働くのは伯爵神社のものです。
第5戦

There are many borders in Gensokyo. Most of them, however,

are too vague to work properly. Perhaps the only one
that actually works is the one at the Hakurei Shrine.
Ending No. 5

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.