FANDOM




Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.
Th07MarisaGoodEnding

Marisa's Good Ending 1

Th07MarisaAGoodEnding1

Marisa's Good Ending 2

Th07MarisaAGoodEnding2

Marisa's Good Ending 3

Th07MarisaAGoodEnding3

Marisa's Good Ending 4

白泉社では春が近づいていた。

結局、サイヤ流アヤカシは満開ではなく、満開になった。

Spring was drawing to a close in the Hakugyokurou.

In the end, the Saigyou Ayakashi blossomed, but not fully.

春の風がすぐに残りの部分を吹き飛ばします

桜の花弁は、それは難しいのネザーワールドの
住民は平和に眠る。

Spring winds will soon blow away the remaining

cherry petals, making it hard for the Netherworld's
inhabitants to sleep peacefully.

幽々子 「うん...

花弁を吹き飛ばす春の風の夢
私がすでに目を覚ましているにもかかわらず、私を悩ませ続けている。」
妖夢 「おはよう、愛人。」

Yuyuko: Ugh...

The dream of spring winds blowing the petals away
continues to haunt me even though I'm already awake.
Youmu: Oh good morning, mistress.

幽々子 「私は不吉な夢を見ました...

春の風が桜の花びらを吹き飛ばした。
また、黒い風。」
妖夢 「黒い春の風ですか?」

Yuyuko: I had an ominous dream...

Spring winds blew our cherry petals away.
Also a black wind.
Youmu: A black spring wind?

妖夢 「ああ、私はあなたが彼女を参照していると思います。」 Youmu: Aha, I bet you're referring to her.
魔理沙 「おはよう、あなたが目を覚ましてうれしいです。」 Marisa: Good morning, glad to see you're awake.
幽々子 「あ、あなたはまだここにいます。

春もあなたの世界に到着しました。
なぜあなたは戻っていないのですか?」
魔理沙 「あなたはとてもダイレクトです。
私はここではまれで栄誉ある人間のゲストです。」

Yuyuko: Ah, you're still here.

Spring has arrived in your world as well,
why don't you go back?
Marisa: You're so direct.
I am a rare and honoured human guest here.

妖夢 「彼女は、あなたの存在は、

私たちの桜の花弁は吹き飛ばされる。」
魔理沙 「私はここにいるかどうか彼らは吹き飛ばされます。
私はそれを確信しています。」

Youmu: She says that your presence is causing

our cherry petals to be blown away.
Marisa: They'll be blown away whether I'm here or not.
I'm sure of it.

妖夢 「むしろ落ちた花びらの後にきれいにしますか?」

幽々子 「ああ、桜の花びらは落ちるのをやめる
黒いものが家に帰ると、妖夢。」

Youmu: Would you rather clean up after the fallen petals?

Yuyuko: Oh, the cherry petals will stop falling
once the black thing goes home, Youmu.

魔理沙 「彼らは間違いなく落ち続けるでしょう。」

幽々子 「試してみる?」

Marisa: They will definitely keep falling.

Yuyuko: Shall we give it a try, then?

魔理沙 「帰ったら、誰が結果を確認するの?」

幽々子 「私は当然です。」

Marisa: If I return home, who'll confirm the outcome?

Yuyuko: I will, naturally.

魔理沙 「それは公正なギャンブルではありません。」

幽々子 「誰も賭けを言っていないと言った。
私はあなたが家に帰るべきだと言っていた。」

Marisa: That's not a fair gamble.

Yuyuko: No one said we were making a bet.
I was saying that you should go home.

幽々子 「もしあなたがいれば、彼らは落ちます。

あなたが出発すると、あなたはそれが起こるのを見るために周りにいません。」

Yuyuko: If you stay, they will fall.

If you leave, you won't be around to see it happen.

幽々子 「これは長男です。」

魔理沙 「誰が私が賭けに乗っていると言ったのですか?」

Yuyuko: This is a checkmate.

Marisa: Who said I was riding on the bet?

幽々子 「ダニー。」

魔理沙 「それに、これは同僚ではありません。
私がしなければならないことは、ここにとどまってそれを見ることだけです
花びらが落ちるのを止めるのは正しいのですか?」
幽々子 「すべてはあなたが家に帰るべき兆候です。」

Yuyuko: Dunno.

Marisa: Besides, this is no checkmate.
All I have to do is to stay here and see to it
that the petals stop falling, right?
Yuyuko: Everything is an indiciation that you should go home.

桜の花弁は人生のようなものです。 風はほとんどない

それは時間が来るときに違いがあります。 マリサは信じている
花が開こうとするとあまりにも熱心になると花弁が倒れる。

第6戦

A cherry petal is like a human life. Wind makes little

difference when the time comes for it to fall. Marisa believes
that petals fall when flowers strive too hard to open.

Ending No. 6