FANDOM




幻想郷名所案内
永遠亭

Guide of Beautiful Sceneries in Gensoukyou
Eientei

常に霧が立ち籠め、見通しが悪い広大なの林がある。

In the perpetual mist、 there is a extensive bamboo forest with poor visibility.

竹は成長が早く目印になるような生易しい植物ではない。

The bamboo grows so quickly, and has no use of any landmarks.

その為、一旦この竹林で迷うと中々目的地に辿り着けないのである。

So, if you lost your way, it will be hard to arrive at your destination.

  

そんな竹林の奥に、人目を避けるように大きな古屋敷が建っている事はご存じだろうか。

Do you know, there is a old big mansion as like avoiding public eyes.

この永遠亭と呼ばれる古屋敷は、伝統ある昔ながらの日本屋敷が瑕一つなくそのまま残されており、文字通り永遠に変わらない様に思える。

  

永遠亭を訪れると、必要最低限しか光を取り込まない為中は薄暗く、笹が風で擦れる音しか聞こえてこない。

昼なのか夜なのか、友人なのか無人なのかも判らなくなる。

まるで時間と歴史を進める事を忘れてしまったかの様な錯覚を受けるのである。

  

いつもは何処も騒々しい幻想郷だが、竹林に守られた永遠亭の様な静かな場所もある。

ここにはどんな異変が起ころうと変化が無いように思える。

何故なら、ここにいると最初から非日常感を感じてしまうからである。

異変とは非日常的な物であり、日常の節目の様な物なのだ。

また、非日常時は時間の進みが止まる事をご存じだろうか。

歴史とは、日常の時に時間を進め、非日常の時の時間の進み具合を記録した物である。

歴史上の出来事がいつ起きたのか一言で切り出せるのは、時間が止まっているからに他ならない。

その証拠に、日常の事はいつ起きた事か一言で言えないのである。

  

永遠亭は、その非日常で出来ているのである。

屋敷に住む月の兎、月の装飾物。全てが非日常の物であり、それ故に時間が進むのを拒むのだ。

そういう理由から当主は、この屋敷を永遠亭と名付けたのだという。

非日常感を味わってみたいという方は、たまに訪れて見ると良いだろう。

ただし、竹林に迷わず辿り着けたらの話だが。

(射命丸 文)

(Aya Shameimaru)

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.