FANDOM




Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.
Th06ReimuGoodEnding

Reimu's Good Ending 1

Th06ReimuBGoodEnding1

Reimu's Good Ending 2

Th06ReimuBGoodEnding2

Reimu's Good Ending 3

Th06ReimuBGoodEnding3

Reimu's Good Ending 4

夏の日に捨てられた神社。

太陽はついに休暇から戻ってきました。
晴れた日は長い間不在だった。
ここに人生の兆候はなく、蝉の歌だけがその場所を満たしていた...

The deserted shrine on a summer day.

The sun had finally came back from its vacation,
and the shrine was enjoying long absent sunny days.
No sign of life around here, only the cicada's song was filling the place...

霊夢 「アルフ、今日は暑いです。

このような日に仕事をしているような気がしない」

Reimu "Arrg, it's damn hot today.

I don't feel like doing my job on a day like this."

霊夢 「まあ、でも働く人はいない」

??? 「この熱気に飽きてしまったら、怖い話はどうですか?」

Reimu "Well, not that there is anyone to work for though."

??? "If you're so bored of this heat, how about some scary stories?"

霊夢 「あ、それだけでやるのは楽しいことじゃない」

レミリア 「はい、あなたは一人です。」

Reimu "Eh, it's not fun to do that alone."

Remilia "Yes, you're alone."

霊夢 「私は明らかにそうではありません!」

レミリア 「とにかく、それはとても哀れな建物です。」
霊夢 「黙れ、それは神社の様子だよ」

Reimu "I'm obviously not!"

Remilia "Anyway, it's such a pitiful building."
Reimu "Shut up, that's how shrines look."

レミリア 「それは本当に怖い話に合っていて、あなたが涼しい気分になるのに役立ちます。」

霊夢 「しかし、なぜ私は怖い話を楽しむだろうか?
一日のうちに、モンスター以外のものはありませんか?」

Remilia "It really fits with a scary story, it'll help you feel cool."

Reimu "But why would I enjoy a scary story with
none other than a monster, in the middle of the day?"

レミリア 「あなたが望むなら、夜まで待つことができます。」

霊夢 「それは必要ではない」

Remilia "I can wait until night, if you want."

Reimu "That's not necessary."

霊夢 「...そう?」

レミリア 「...はい?」
霊夢 「あなたはどんな話をしたのですか?」

Reimu "...so?"

Remilia "...Yes?"
Reimu "What kind of story were you going to tell?"

レミリア 「見よ、500年以上住んでいる女の子についての話」

霊夢 「それは誰だろう?」
レミリア 「私。」
霊夢 「...あなたは私を噛まないでね」

Remilia "Let's see, a story about a girl who has lived for more than 500 years."

Reimu "And who would that be?"
Remilia "Me."
Reimu "...Don't you bite me, eh."

幻想郷の夏は静かに通り過ぎていた。

苔のように、川沿いの石を覆っている、非常にゆっくり...

第4戦

Gensokyo's summer was passing peacefully.

Like moss covers a stone on a riverside, very slowly...

Ending No. 4

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.